トップ

投資として変わった存在

投資先として特徴的

投資

金という投資の特徴について

金、いわゆるゴールドは投資先としてはかなり特徴的なものであると言えます。それ自体に価値が存在しており、利息も配当もないにもかかわらず値動きはするという変わった存在です。非常に安定性に優れた現物資産であり、将来的にどのような問題が発生したとしても、決してその価値が0になることはないものであると言えます。そのため投資資金の減損を保護するために一時的に避難させるための現物での資産という意味で重宝しているという特徴があるのです。近年では工業製品での需要も増してきており、価値の上昇が見込まれるものであると言えます。

純金積み立ての安定性とは

純金積み立ては安定性のある投資として注目を浴びています。その特徴は、非常にローリスクですが、利益を出すには時間を要します。金は全世界で需要があり、特に、最近経済発展が著しいインドや中国の需要が増えた事で、その価値は急激に上昇しており、10年で三倍程度まで跳ね上がっています。この傾向はまだ続くことが予想されているため、今購入しておけば大きな利益が期待できることや、価値がゼロになることは無いといってもよく、株などと違って致命的なリスクが以上に少ないといえます。こういった安定性のある投資手段は他には無いと行っても良いためおすすめです。

↑PAGE TOP

© Copyright 投資として変わった存在. All rights reserved.